起業のいろは

あなたの夢を叶えるお手伝い

お金

収益率および割引率という考え方|現在の価値、将来の価値

目の前にある1万円は1年後も1万円ではない 例えばの話ですが、いま目の前に1万円があったとします。 この1万円は、1年後もまったく同じ価値でしょうか? 1万円札の姿形はそのままなので、何も変わらないように感じるかもしれませんが、実は、その価値は刻々…

簿記の知識について|その2|簿記の資格だけではなかなか生きていけない

(今回は、簿記についてあえて否定的な観点から、その問題点を述べたいと思います) 簿記は誰が取得しようとする資格か 簿記という資格は、まずは商業高校に通う高校生が取得を考える資格です。 学校を卒業した高校生でも取得しようと思えば取得できる範囲の難…

簿記の知識について|簿記3級程度の知識があるだけで世界の見方が変わる

簿記について 簿記はお金を扱うためには押さえておきたいものです。 個人、企業、行政組織といった規模の大小を問わず、現実に起きていることはお金の流れを知ることでわかります。 その現実を数字によって把握できる方法は、簿記です。 人間の体で言えば、…

【計算してみる価値アリ】寿命とこれから必要になりそうなお金の額

まずは計算してみてください ①あなたの現在の年齢 ②あなたが亡くなる年齢 ③あなたの生活に1年間で必要な金額 あなたのこれからの人生に必要な金額 ③×(②-①) 参考として、 2019年の日本人の平均寿命は女性で87.45歳、男性で81.41歳です。 www.nikkei.com さら…

お金のタイミングと寿命の話 その3

お金を稼ぐことは実は難しいことではない どこかで雇用されて働いていると、苦労することが多くあります。 そして、1ヶ月働いてやっと給料がもらえます。 これをずっと繰り返していると、次第に「そういうものなんだ」と思うようになり、それが普通になって…

お金のタイミングと寿命の話 その2

お金の管理はとても大事です お金は、管理が重要です。 管理、というのは、まず把握しないとできません。 どれだけお金や資産を持っていて、どれだけの出費があって、どれだけの収入があるのか、ということをまずは大まかにでも把握しておかないと、どこにど…

お金のタイミングと寿命の話

お金にはタイミングがある お金には、タイミングがあります。 雇用されている人はイメージできるかと思いますが、給与締め日と給与支給日はずれているのが普通ですよね? (私は理由を知らないのですが)金融機関の支払日は10日、15日、27日であったりすること…

書評|非常識な成功法則|神田昌典 著

非常識な成功法則 要約 この本は自分の才能を開花させるために必要な考え方・行動について書かれた本。 世の中に溢れる成功本の多くは、お金を儲けることに成功した人が自分の過去を振り返りながら自分自身を謙虚にさせるために反省を込めて、あるいは成功し…

国の借金|金利と借金について その7

国家財政が破綻する可能性 日本政府は破綻するのか? 日本は財政破綻するのではないか?という立場の人がいますが、一方で、財政破綻することはない、という人もいます。 現状では、日本政府が抱えている負債は国民1人あたり800万円を越えており、全体では10…

国の借金|金利と借金について その6

(はじめにお断りしておきますが、私は経済の専門家ではありません。一般的な見方とだいぶ異なることを述べている可能性があります。ですので、この記事の内容をすべて受け入れる必要はありません。1つの参考としてお楽しみいただけると幸いです) 国という組…

借金について考える|ソフトバンクを例に2|金利と借金について その5

ソフトバンクのビジョンファンドを見ると分かること ソフトバンクは、ビジョンファンドというファンドを運営しています。 運用規模は10兆円とも言われています。 出資しているのは、ソフトバンク、アラブ首長国連邦の公的機関であるムバダラ開発公社、さらに…

借金について考える|ソフトバンクを例に|金利と借金について その4

ソフトバンクという会社 ソフトバンクは、孫正義氏が一代で築いた会社です。 会社を興した時のエピソードは有名で、「豆腐屋のように、「1兆(丁)、2兆」と売上を数えるようなビジネスをやる」と話していた、とされます。 ソフトバンクは会社設立間もない…

お金の返し方|金利と借金について その3

お金を返す 借りたお金は返さないといけません。 お金以外のものを借りた場合、その借りたものを返すように、お金を借りたらお金を返すことは当然の理屈となります。 なお、ものを借りた場合、謝礼として何かを余計に支払うことがあります。 同様に、お金を…

お金を借りる|金利と借金について その2

借金は恐ろしいものなのか? こうして見てみると、借金はとても恐ろしいものに見えてきます。 血も涙もない、非常に冷徹なものにも感じられます。 確かにそういう面もあるように思いますが、お金を持っている人ほど借金を多く抱えている、ということもまた事…

お金を借りる|金利と借金について その1

利息について お金を借りると、ついて回るのが利息です。 ドストエフスキーの小説『罪と罰』には金貸しの老婆が登場しますが、わざわざ小説に登場させるくらい、お金の問題というのは昔から生きていく上で何かと苦労させられたりするものであったことを示し…

お金を借りる|直接金融と間接金融

直接金融とは何か? お金を調達する際に、自らお金を集めることを直接金融といいます。 これは、国や会社が株式や債権(国債や社債)を発行してお金を集めるやり方です。 いわば、自ら借り入れるための証文を発行しているようなものですが、その証文( つまり株…

コストの問題|タダなものはない

何事にもコストがかかる! 人間、生きているだけでコストがかかります。 ものを市場を経由してお金を払って交換して手に入れている以上、コストを払わないと手に入らないものばかりです。 東京の一等地に1時間車を駐車するだけで、600円以上かかります。 私…

タイミングの話|何事もタイミングが大事!? その2

物価・貨幣価値・インフレ 市場では、商品はお金を利用して、商品の対価としてお金を支払うことによって売買されることになります。 このお金もまた、価値が変動します。 基礎となる交換の基準のようなもの自体が、価値が変動する、ということは、かなり大変…

タイミングの話|何事もタイミングが大事!?

タイミングの話 タイミングは、とても重要な要素です。 いくら良いものがあっても、それを欲しいと思う人がいなければ売れないのと同じように、それを欲しいというタイミングが訪れることがなければ、その商品は買ってもらえることはないでしょう。 また、商…

お金と達成感の関係|幸せはお金で買えるのか?

お金は交換手段の証 お金は、価値が形を変えた物です。 そして、それを多く持っている、ということは、それだけ何かと交換する(買う)ことができる、ということを意味します。 (これは、とても当たり前の話ですね) お金は使わなければ持っていないのと同…

価値の減少の問題|長く続く価値とはどういうものか?

価値と時間 時間が経つと、その価値が減っていってしまうもの、というのがあります。 そもそも、物質は永遠にその姿形を維持しているということはありません。 それと同じように、人間が生み出した生産物もまた、いずれ形を失っていくことになります。 です…

市場と価値の話

市場とは何か 市場とは、モノの取引が行われる場を指します。 英語のマーケットの意味を調べてみると、 market a time when people buy and sell goods, food etc, or the place, usually outside or in a large building, where this happens (「ロングマ…

農耕社会の特徴とお金の関係

文明の発達段階 古代文明が生まれた背景としては、地球環境の変化が起こったことがある、とされます。 人類がその生活圏を広げていく中で、ちょうど地球の寒冷化していた時代が安定に向い、農耕を行うのに適した状態になった、ということがあります。 マンモ…

世界で過去に起きたインフレ

世界的なインフレの歴史の一例 16世紀 価格革命 18世紀末 フランス革命ごろのインフレ 第一次大戦後のドイツ 第一次世界大戦中の金本位制から離脱による貨幣発行料の著しい増加、経済的な不振、戦後の(ドイツの支払い能力を超える)莫大な賠償金 1917年のソ…

日本で過去に起きたインフレ

日本で起きたインフレ 日本では、かつて何度か大きなインフレが起きています。 それについて、江戸時代以降から振り返ってみたいと思います。 (それ以前のことについては、貨幣経済が発達していなかったかもしれないので、影響は不明です) 江戸時代 元禄時…

ハイパーインフレについて

ハイパーインフレ インフレは常に起こっている現象です。 ところが、まれにハイパーインフレーションと呼ばれる現象が起きる場合があります。 ハイパーインフレーションの定義は1つではありません。 「インフレーション率が毎月50パーセントを超えること」と…

インフレとお金の価値|価値は変動する

インフレとは何か インフレとは、物やサービスの価格が上昇することをいい、以下の5つの変化によって生じる、とされます。 需給バランスの変化 税制の変化 原材料価格の変化 通貨安 通貨発行量の変化 1は市場取引の問題、2は国家による政策の問題、3は資源の…

【書評】年利15%でふやす資産運用術|竹川美奈子・著

「収入」「支出」「人生の長さ」が変わってきている! 会社に雇われて働くことが安泰とは言えなくなった 過去の時代なら、会社に就職し、そのまま定年まで働いていれば安泰でした。 昔は退職金も多く、企業年金もあったので、老後の保障としても安心がありま…

【大雑把に】儲けや資産にかかる税率の比較

稼ぎにかかる税金の税率(フローにかかる税の税率) 大雑把に考えます。 法人ではない自然人の場合、会社員であろうが個人事業主であろうが、所得税の最高税率は45パーセントです(所得が4000万円を超える場合) また、所得に関わらず徴収される住民税の割合…

海外専用プリペイドカード|シンプルな手数料体系|NEO MONEY

海外専用プリペイドカードNEO MONEY 海外での使用に特化したプリペイドカードがあります。 NEO MONEYです。 このカードの特徴は、どこで引き出しても為替レートが共通、という特徴があります。 通貨によっては交換レートが良く、現地の両替所を探すよりもお…