起業のいろは

あなたの夢を叶えるお手伝い

その他

人間に残された時間について|人はあっという間に老いる

いま生まれた子供は将来何歳まで生きるか? イギリスの経営学者であるリンダ・グラットンとアンドリュー・スコットの著作『LIFE SHIFT』によると「2007年に日本で生まれた子どもの半数が107歳まで生きる可能性がある」とされています。 (2019年時点での日本…

職場の人間関係|その4

お金のために命や精神を犠牲にしなくてはいけない理由などない 退職を伴うと、とかく不安になります。 お金がないと生きていけないからです。 これはやはり現実問題として大きなことであり、この問題があるからこそ、なかなか職場を退職することができなかっ…

職場の人間関係|その3

相手は変わらない、相手を変えようとしても無理 人間関係で大事なことがあります。 それは「相手は変わらない」「相手を変えようとしても無理」だと心得ることです。 相手に変に期待して、相手を無理にでも変えようとすること自体が無駄です。 相手にとって…

職場の人間関係|その2

集団ができるとマイノリティが生まれることは避けられない 自分と他人が100パーセント同じではない以上、主義主張が互いに違うのは当たり前のことになります。 ただ、似たような考え方をしている人同士だと、話が通じやすくなるので、自然とそういう人たち同…

職場の人間関係

人間関係の悩みは人間の悩みの9割 心理学者のアルフレッド・アドラーは「人の悩みの9割は人間関係である」と言っています。 それくらい、人は自分以外の人との関係で悩みます。 もしかすると、自分以外の人間と関係していくということは、そもそも困難を伴…

機嫌について|その2|自分は人から見られている

私、あなた、彼・彼女 世の中を構成するのは、私、目の前にいる人(あなた)、その他の人(彼・彼女、彼らなど複数)というように、距離感によって分類することができます。 コミュニケーションにおいては、自分とそれ以外の人との距離感や関係性が問題となりま…

機嫌について|自分の機嫌は自分で取る

感情はあらゆるところに作用する 人間は、生物の中でも最も進化した部類の生物です。 単純な構造の生物の場合、脳を持っていない場合すらありますが、人間は高度な脳を持っています。 それもあってか、どの生物よりも複雑な感情を持ち合わせています。 感情…

【書評】『IT全史』 中野明 著

通信の歴史 人間は昔から、情報を伝えるという作業をしてきました。 古くはのろし、という方法もありました(案外伝達速度が早く、ネット記事で情報を集めたところ、時速159kmくらいの伝達速度があったようです) のろしの場合、煙が上がったことを見て、それ…

単位と尺度について|基準は誰が作っているか? その2

恣意的に作られた基準の例 基準は科学的に決まった、というものばかりではないようです。 マラソンは42.195キロ、と定められています。 この距離は基準が策定される前のマラソン大会のだいたいの距離が40キロ程度だった事実がまず存在し、それを元に第4回オ…

単位と尺度について|基準は誰が作っているか?

長さや重さを統一することの意味 過去の歴史を見ると、古代中国の歴史で初めて中国全土を統一した始皇帝は、国内でバラバラだった単位の基準を統一する政策を行っています。 他の時代、他の国でも、同じように長さや重さを統一する作業が行われています。 こ…

【番外編】職場における文化の違い その2

(前回の続きで、職場における文化の違いについてもう少し続けます) 人は思ったことが全て やはり、人はなんらかの目的地がないと、そこまでたどり着くことができません。 動機は何であっても、まずは何かをしたい、達成したい、実現したい、と感じることがな…

【番外編】職場における文化の違い|小さなことの積み重ね

1週間ほど、ブログ更新ができない状態になっていたことをお詫びします。 実は、個人的な問題のため、私は工場で3ヶ月ほど働くことになりました。 業務に慣れないこともあり、なかなかブログを執筆する時間が無く、更新ができずにいました。 今回は、新しい職…

品質がよければ売れるのか?|売れる商品についての考察

売れる商品と売れない商品を分けるものとは何か、売れる商品であるために必要なことは何かを考えてみたいと思います。 売れる商品を決める要素 品質の良さ 使い勝手 商品を取り巻く環境(商品を使う人の都合) 話題性 それ以外の価値の存在 売れる商品の場合、…

囲い込みについて|ビジネス戦略|販売を安定させるコツ その3

オンラインにおけるメールアドレスとメルマガ では、現時点で変化に強いものは何か?というと、やはりメールアドレスを集める、という方法です。 というのも、メールアドレスは長く使い続けることが多く、個人に直接メッセージを届けることができる、今後も…

囲い込みについて|ビジネス戦略|販売を安定させるコツ その2

大事なことは、買う側の気持ち 大事なのは「買い手の気持ち」であり、売り手の気持ちではありません。 商品を扱っている側が、その商品を対して価値がないあまりよくない商品だ、と感じていても、それを欲しいというお客さんにとっては、その商品が欲しい、…

囲い込みについて|ビジネス戦略|販売を安定させるコツ

あなたは知らないうちに「囲い込まれて」いる さて、これを読んでいるあなたにお願いがあります。 普段の生活を思い返してみてください。 あなたは、特定のお店からなんらかの特典をもらっていませんか? 例えば、お得なポイントや、定期的に届くダイレクト…

弱者の戦略|強い者と同じやり方では対抗できない

状況によって戦い方がある 力の強い者もいれば、弱い者もいる、というのが現実の世の中です。 自然界を見ても、力の強い動物がいる一方で、力の弱い動物がいます。 全体の数の分布を見ると、自然界の場合でも、人間社会の場合でも、力の強い者ばかりがいるわ…

流入経路について考える その8|未知なるものとの出会い|音楽配信サービス

音楽の場合 音楽はかつて、レコードの時代からずっとメディアに依存して発展してきました。 過去を振り返れば、音楽はそもそも、貴族が個人的に楽しむために発展してきた部分が大きく、クラシック音楽で著名な作曲家の多くは宮廷音楽家だったりもします。 音…

流入経路について考える その6|気に入られるかどうか|その問題点

特定の単語(フレーズ)を知っているかどうか 逆にいうと、単語さえ知っていればいい、ということでもあります。 つまり、商品の良し悪しはさておき、名前が有名ならば誰かに知ってもらえて、検索上位に表示され、さらに人の目につくようになり、さらに知られ…

流入経路について考える その5|気に入られるかどうか

SEO(検索エンジン最適化) SEOに対する注目が、とても高くなっています。 SEOとは "Search Engine Optimization "の略で、日本語では「検索エンジン最適化」ということになります。 では、なぜSEOが大事になるのでしょうか? 検索にひっかかるかどうかは大き…

流入経路について考える その4|検索での流入(前回の続き)

ユーザーの関心の度合い どういう形にせよ、何かの存在を知っているか、知らないかということ(認知度)によってその対象への興味関心は変わってきます。 そして、それに基づいて、どのような方法で情報にアクセスしようとしているか、ということによって、ユ…

流入経路について考える その3|検索での流入

オンラインならではの事情 リアルの世界とは違い、オンラインでは情報を検索する機能が発達しています。 元々、コンピュータの世界の技術がベースになっていることもあり、オンライン上にあるwebページは、検索エンジンに調べたいワードを入力するかurlを直…

流入経路について考える その2|要素からその特徴と注意点を考えてみる

リアルで考えた場合(お店を例に) リアルもオンラインも考え方はそれほど変わらないはずですので、ここでリアルな世界にお店を出している場合を例に、販売に与える影響を考えます。 お店の立地 お店がある場所が好立地なところならば、自然と人の目につきや…

流入経路について考える|人の流れ

流入経路の問題 人がどうやって入ってくるか、というのはとても大きな問題です。 やはり、人がものを買うかどうかを最終的に決めているわけであり、人の行動によっていろんなものの結果が左右される、というのが現実に起きることです。 ならば、どうやって人…

人脈を考える6|SNSのフォロワー数=顧客?|フォロワーを顧客にできた時こそ顧客

SNSの人脈を保つにはどうするか? 人脈を保つためには、接触を増やすことです。 単純に会う回数が増えていけば、何か自分にとって不都合な問題が起きてしまった時にその人にお願いしてみようかな?と思うはずです。 ですので、まずとにかく相手に自分の存在…

人脈を考える5|SNSのフォロワー数=顧客?

SNSのフォロワー数はそのまま顧客なのか? SNSは、どこでもフォロー数とフォロワー数が数字で表示されるようになっています。 この数字の大きさは、そのまま人が集まっているかどうかが見えるので(こちらから関わりを保とうとしている人の数もわかる)重要な…

人脈を考える4|Twitterに見る、口コミ連鎖・拡散

人脈の広がり 人脈の効果として「人脈を通じて評判が伝わっていく」ということが期待できる、ということがあります。 これは、特に力を持つ人に情報が伝わり、その結果、商品やサービスが利用されるようになるかもしれない、という期待の問題です。 すぐに結…

人脈を考える3|マーケティングと人脈|生き方こそが問題

マーケティングとはどういうことか? マーケティングとは、企業や個人が顧客の求めるものを知り、必要とされるものを作り出し、価値を伝える活動をする際に必要となってくる考え方で、具体的には市場調査、分析、戦略・仕組み作り、あるいは経営哲学を作る作…

人脈を考える2|人脈を広げる上で覚えておきたいこと

人脈を作るには? 人脈とは、主に仕事上でのパートナーになりうる可能性がある人のことを示す場合が多いかと思います。 すぐにそれが役立つ場合もあれば、何か困ったときに役立つ場合もあります。 お金を支払って対価を受けるような関係ではなく、顔見知り、…

人脈を考える|都道府県別総理大臣輩出数

都道府県別総理大臣輩出数 山口県 8人 東京都 5人 岩手県 4人 群馬県 4人 岡山県 3人 京都府 3人 広島県 3人 鹿児島県 3人 石川県 3人 愛知県 2人 熊本県 2人 高知県 2人 神奈川県 2人 大阪府 2人 島根県 2人 福岡県 2人 その他、総理大臣を1人輩出した県が…