起業のいろは

あなたの夢を叶えるお手伝い

学習

人間に残された時間について|人はあっという間に老いる

いま生まれた子供は将来何歳まで生きるか? イギリスの経営学者であるリンダ・グラットンとアンドリュー・スコットの著作『LIFE SHIFT』によると「2007年に日本で生まれた子どもの半数が107歳まで生きる可能性がある」とされています。 (2019年時点での日本…

【書評】『IT全史』 中野明 著

通信の歴史 人間は昔から、情報を伝えるという作業をしてきました。 古くはのろし、という方法もありました(案外伝達速度が早く、ネット記事で情報を集めたところ、時速159kmくらいの伝達速度があったようです) のろしの場合、煙が上がったことを見て、それ…

書評|非常識な成功法則|神田昌典 著

非常識な成功法則 要約 この本は自分の才能を開花させるために必要な考え方・行動について書かれた本。 世の中に溢れる成功本の多くは、お金を儲けることに成功した人が自分の過去を振り返りながら自分自身を謙虚にさせるために反省を込めて、あるいは成功し…

人脈を考える2|人脈を広げる上で覚えておきたいこと

人脈を作るには? 人脈とは、主に仕事上でのパートナーになりうる可能性がある人のことを示す場合が多いかと思います。 すぐにそれが役立つ場合もあれば、何か困ったときに役立つ場合もあります。 お金を支払って対価を受けるような関係ではなく、顔見知り、…

【書評】営業の魔法|中村信仁 著

本の要点 「自分の思いが、その職業を貴くも賤しくもするのだと信じています」 (著者は、本の中で「敬遠されがちな営業という仕事にエールを送りたくてこの本を書いた」と述べている) 営業をする人に必要なのは、集中力、会話力、渦潮力の3つ 集中力とは、相…

市場開拓|フロンティア探し

市場開拓 開拓という言葉は、土地を何か作物が栽培できる状態に整えたり、そこで人が住めるように社会基盤を作ったりすることを指します。 市場開拓という言葉の場合、ものを売る相手を獲得していくような意味合いで使われたりします。 市場を開拓しようとす…

大航海時代の話|背景と教訓

大航海時代とは? 大航海時代は、歴史の教科書に必ず登場する出来事です。 この大航海時代の影響は、人類がそれまでわかっていなかった未知の領域を新たに発見していった過程でもあり、交易を通じて様々なものが遠く離れた地域に互いにもたらされたことにも…

三方よし|その背景と普遍性(共生するということ)

三方よしとは? 「三方よし」という言葉は、経営哲学として語られる有名なものです。 「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」という3つの言葉で表されます。 これはつまり、ものを売っている商人(売り手)にも、商品を買った人(買い手)にも、社会(世…

商売の格言・ことわざ・教訓 その3

戦後の政治家編(商人ではありません) 岸信介 転ぶな、風邪を引くな、義理を欠け 本当は総理をやってですよ、しばらく野に下って、今度は権力者としてではなく国民の側に立ってものを観察し、いろいろ思いを巡らしてこれを前の経験と結び合わせてもう一度総…

商売の格言・ことわざ・教訓 その2

投資家編 邱永漢(作家、実業家) 途中でつまづいたりするのを、階段のせいにしないでください お金を貯めようと思うなら、天職を見つける方が先です やっていてすぐ時間がたつような、人生を短く感じられるような仕事を選ぶことです ウォーレン・バフェット…

商売の格言・ことわざ・教訓 その1

商売の格言 経営者編 松下幸之助|松下電器産業創業者|商売戦術三十箇条 商売は世のため人のための奉仕にして、利益はその当然の報酬なり。 お客様をじろじろ見るべからず。うるさく付きまとうべからず。 店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如…

情報を利用する|情報を受け止めること、解釈すること、正しさのこと

大事なのは「情報をどう受け止めるか」ということ 情報は、そのままではただの符合です。 暗号がそうであるように、あるいは電子データがそうであるように、それを復号することでやっと人間がわかるようになります。 もちろん、これは1つの例であり、日常使…

情報を伝える方法|アウラの喪失

情報を伝える、ということ 情報を伝えるには、方法が限られます。 おそらく、これ以外には他に方法はなく、あったとしてもそれは一般的ではありません(超能力者同士ならテレパシーで通じ合うことができる、という場合は考えません^^) 直接会って伝える(1×1…

戦闘組織の船団運用の方針から学ぶ|ビジネスへの応用

戦闘組織(海軍)の船団運用の方針から学ぶ 現代における海上戦闘を例に取りながら、これを組織運用に当てはめてみたいと思います。 なお、直接応用できる、とは私も考えていませんが、様々な部署が関係しているところや、様々な要素への対応の仕方、統率の…

認知的不協和|欲望へのアプローチ

認知的不協和とは何か? 認知的不協和とは、社会心理学の用語です。 人が自身の認知とは異なる、矛盾した認知を抱えた状態、またはそのときに覚える不快感を言います。 人は、認知的不協和の状態になったとき、その対策として物事の定義を変更したり、過小評…

人間の意思について|目標を達成するには?

はじめに 今回の話題は、目には見えないものを扱うことになりますので、受け取る側の人によって反応が変わってくるかと思われます。 その点を予測しながら、なるべく客観的な視点から執筆するように心がけております。 意思の力 人間は、気持ちがあるかどう…

相手の心を開くには?|ものを販売するときに知っておくこと

言語情報、聴覚情報、視覚情報 何かを相手に販売しようとするとき、あるいは、何かを人に勧めようとするとき、あるいは、単に誰かとの距離を縮めようとするとき、人は、3つの情報によって物事を判断する、とされています。 それは、言語情報、聴覚情報、視覚…

公務員試験対策参考書から経済を学ぶ

経済理論の大筋を学ぶには? 結論から言うと、経済学理論の大筋を学ぶには、ズバリ、公務員試験向けに作られた参考書がとてもよくまとまっていて参考になります。 私は今から20年くらい前、学生だった頃、公務員試験の勉強をしたことがありました。 そのとき…

転職しようと思ったら|プログラミングはコスパが良い

業種別平均年収 グラフをみると、情報通信業は平均給与が高い職種です。 グラフはmanabeeより転載 https://manebee.com/carrier/employee-annual-income 選んだ職業によって、収入が得られやすいかどうかというのがある程度わかる、ということになります。 …

投資入門者のための参考書

投資入門者のためのオススメ本 これから投資を始めようとする方に最適な本をいくつかご紹介します。 (ご紹介する本に関しては私が目を通したものを選んでいます) 投資信託 ほったらかし投資術全面改訂 山崎元/水瀬ケンイチ 著 長期×積立×インデックス投資…

人生の浮き沈みについて|人生をコントロールする

人生、いい時もあれば悪い時もある 人生には、うまくいく時もありますし、まったくうまくいかない時もあります。 幼い頃は神童と崇められるほどなんでもうまくいったのに、大人になったら何もできなくなった、という場合もありますし、その逆もあります。 有…

学校システムと時代|目指したもの、これから目指すもの

日本の近代的な学校制度のはじまり 日本において、国民のために国が学校を開いたのは、明治5年(1872年)の学制発布からです。 学制は教育に関する法律であり、身分や性別にかかわらず国民の全てに教育を受けさせることを目的としました。 時代背景 当時、世…