起業のいろは

あなたの夢を叶えるお手伝い

ネットビジネスの可能性

ネットビジネス

こんにちは

 

日常生活におけるインターネットの存在が大きくなっていますね。

 

それに伴って、インターネットでビジネスを始める人も多くなっています。

 

今回は、ネットビジネスの可能性についてです。

 

 

目次

 

 

ネットビジネスの可能性

ネットビジネスは、

 

  • 費用がかからず
  • 利益を拡大しやすい

 

これが、ネットビジネスの可能性です。

 

 

ネットを使うメリット

費用が抑えられる

何かを始めようとする場合、通常は設備や店舗を整える必要があります。

 

(建物を用意し、そこに設備を整えていくだけでかなりのお金が必要です)

 

また、営業を継続していくのにもいろいろと費用がかかります。

 

(水道光熱費はもちろん、営業のために自動車を使うなら車両代や燃料代なども必要) 

 

一方、インターネットを利用すると、これらを節約することができます。

 

ネット上にホームページを開設する場合、自分で開設することも可能です。

 

維持費用も、レンタルサーバ代は年間でもせいぜい1万円台で済みますし、通信費用も毎月5000円ほど出せば充分に高速な速度の回線を利用できます。

 

詳しくはこちら🔽

エックスサーバー

 

機材もパソコン1台あればとりあえずなんとかなります。

 

初期費用は実店舗を持つ場合に比べ、驚くほど少なくて済みます。

 

ですので、営業が軌道に乗る前に資金が枯渇するリスクを減らすことができます。

 

労力を節約できる

ネットの特徴は、情報検索が簡単にできることにあります。

 

ネットをビジネスに利用すると、営業・宣伝・販売にかかる労力を減らすことができます。

 

SNSを利用することで、営業や宣伝をコストを抑えながら行うことができるほか、その先まで関心ある人を導く経路を設計しておけば、販売に繋げることもできます。

 

それ以外にも、情報を管理しやすいので、業務の無駄を省いていくことが可能です。

 

時間を有効に使える

顧客と対面する場合、顧客のもとに移動する時間が必要で、顧客と対話する時間も必要になります。

 

また、この場合、1対1の対応になるので、効率的とは言えません。

 

確実に相手を納得させられるかどうかという点では対面の方が良いですが、それを1日に行える数には限度があります。

 

ところが、ネットを利用すると、1対多(1対n)の関係になります。

 

1つの商品やコンテンツを作っておけば、それをより多くの人に知ってもらえるのがネットのメリットです。

 

制約につなげる方法に不安があるならば、関心ある層をネットで集め、個別に対面で対応する形にすれば、時間を節約しながら効率よく仕事ができます。

 

また、自分が仕事をしていない時間帯に誰かが自分の出した情報にアクセスしてくれれば、そこから仕事に繋がったり商品が売れたりする、ということも可能です(自動化)

 

場所に縛られない

ネットだけで完結できる状態を作りだせば、ネットにつながる環境と機材があれば、どこにいても仕事ができます。

 

ノートパソコンもスマホも、価格が下がりつつ高性能になっています。

 

ネットにつながる環境と機材さえ持っていれば、移動先でも仕事ができるので、旅行先でも仕事ができます。

 

毎日、時間をかけて会社やお店に出勤する苦労はなくなります。

 

失敗してもダメージが少ない

仮にビジネスに失敗したとしても、初期費用が少なかった分、背負う借金は少なくて済むかと思います。

 

再び活動を始める場合も、初期費用がかからないのと、失敗の経験を活かすことができれば、成功する確率も上がっていきます。

 

 

ネットに依存すること特有のデメリット

炎上リスク

ネットの場合、情報が拡散していきやすいという特徴があります。

 

良い方向に作用すればいいですが、悪い方向に作用すると、悪いイメージが広がってビジネスに悪影響が出てしまいます。

 

自分が意図したことを相手に誤解なく伝えようとしても、相手の受け取り方はコントロールできません。

 

ネットを利用する以上、こうしたリスクは常について回ります。

 

検索アルゴリズムが変化することのリスク

ネットを利用する場合、検索エンジンで上位表示されるかどうかがカギになります。

 

これがずっと上位に表示され続ければいいのですが、そうはいきません。

 

検索エンジンアルゴリズムは、その方針がかなりの頻度で変わります。

 

それによって、いままで検索すると表示されていたページが表示されない、ということが起こります。

 

そうなると、情報を発信していた側にとっては大きな影響が出ます。

 

セキュリティのリスク

ネットを利用する場合、セキュリティに注意しないと危険です。

 

ログインパスワードを盗まれたり、第三者にイタズラされて自分がわからないものに変更されたりすると、その情報に自分でアクセスできなくなってしまいます。

 

そうなると、それまで作りあげたものが乗っ取られたり、失われてしまいます。

 

また、管理体制が甘いと、顧客情報が外部に流出して迷惑をかけてしまう恐れもあります。

 

 

まとめ

ネットビジネスのメリットとデメリットを比べてみると、やはりメリットが大きいと言えます。

 

ネットビジネス=ローリスク・ハイリターン

 

です。

 

新しく何かを始めようとする場合は特に、ネットを活用すると大きなメリットがあります。

 

human-relationships.hatenablog.com