起業のいろは

あなたの夢を叶えるお手伝い

国の借金|金利と借金について その7

国家財政が破綻する可能性

日本政府は破綻するのか?

日本は財政破綻するのではないか?という立場の人がいますが、一方で、財政破綻することはない、という人もいます。

 

現状では、日本政府が抱えている負債は国民1人あたり800万円を越えており、全体では1000兆円を越えている、とされます。

 

この額を見て「破綻するかもしれない」と思うのは当然のことです。

 

ですが、日本政府は資産を多く持っています。

 

どうやら、日本政府が保有する資産の金額は、世界の国家のなかで1番多いようです。

 

ですので、負債が1000兆円以上ある!と言うのは見せかけであり、実際はその半分以下です。

 

世界にある国家がそれぞれ1人の人間とみなして考えた場合、見かけ上、借金がたくさんあっても、資産もたくさん持っているのなら、おそらくその人にお金を貸しても構わない、という人がいるはずです。

 

その時点の状態だけで判断する人ばかりではありません。

 

現在があまり良くなかったとしても、その人に将来性がまだあるなら、それに重きを置く人もいることでしょう。

 

日本の財政は、実際には先進国の中でとりわけ悪いということはありません。

 

確かに、これからの世界で生きていくことを考えると、解決しなければいけない問題がたくさんあることは事実ですが、将来が全く無いわけではありません。

 

過去の時代に比べて国としての力が落ちたところを見て「もうダメだ」と思うのか、それとも、残された部分を見て「潜在的な力が残っている」と思うのか…

 

変わらない部分があるとすれば、それは実際に残っているものだけであり、評価するならその残っているものを適正に評価してからでないと、本当のことはわからないはずです(そこまで実態がひどいとは思えません)

 

少なくとも、経済が回り続け、収入がある限り、生きていけなくなることはありません。

 

破綻する可能性があるとすれば…

もし日本政府が財政破綻することがあるとするなら、それは、海上封鎖され、貿易ができないような状況が起きて、さらに海外に保有する資産が凍結・没収されてしまったという状況が訪れたような状況が訪れると起こるかもしれません。

 

(実際には、ものの移動よりも資金の流入や情報が止まってしまうことの方が影響が大きいことです)

 

1日や2日でそれは起きないことですが、周囲を取り囲まれて兵糧攻めに遭うようなことになれば、どんな強固な城も降参することを余儀なくされます。

 

あるいは、外国勢力に攻められて占領されるようなことがあれば、財政の問題以前の話ですが…

 

ということなので、日本政府が破綻する時は、外国との関係が全方面で破綻してしまった時だと言えるかと思います。

 

資源も持たず食糧も輸入に頼っている日本の場合、外交が生き続けているかどうかが特にわかりやす指標だと言えるはずです。

 

国民が自国の借金と付き合う方法

国家を形成するのは、その国の国民です。

 

仮に土地があっても、そこに誰1人として国民がいないのなら、それは誰のための国家なのかわかりません。

 

国民が国家を形作っています。

 

その国民が国家の借金とどう付き合っていけばいいか?それは、国民が決めていくしか無いのですが…

 

少なくとも、選挙権を行使し、経済活動を行い、自らなんとかしようと行動することを通してのみ、国家が救われるはずです。

 

誰かがなんとかしてくれるわけではありません。

 

なので、国民が国家の借金と付き合っていくためには、国民がこの社会をよくしていこうとする具体的な行動がなければならない、ということになります。

 

各自が国家の問題を通して自らを見つめるつもりがあるかどうか?それが大事だ、と言えます。